Brother, out to me!

by Swu Hashidoi & PinkyRockets

/
  • Streaming + Download

     

1.
2.
3.

credits

released April 30, 2014

tags

license

all rights reserved

about

Swu Hashidoi & PinkyRockets Japan

We were formed in 2013.
Rock band of the atmosphere that is anime of Japan.

contact / help

Contact Swu Hashidoi & PinkyRockets

Streaming and
Download help

Track Name: Brother, out to me!
ねぇ、お兄ちゃん、ずっと帰ってくるの待ってたんだから、
今日、熱かったから、たくさん、汗かいちゃったの
ねぇ、お兄ちゃん・・・早くー、早くー、
・・・一緒に・・・お風呂、入ろ

(さび)
らーららららららー、らーららららららー、らーらーらー

(すうちゃんセリフ)
ねぇ、お兄ちゃん、ずっと言いたかったことがあるの、
体が、熱くなってきて、たくさん、汗かいちゃ ったの
ねぇ、お兄ちゃん・・・・・・・聞いてくれる?
・・・お兄ちゃん・・・大好き

だから、ねぇ、お兄ちゃん。
・・・ダシテ。

(さび)
らーららららららー、らーららららららー、らーらーらー


(すうちゃんセリフ)
ねぇ、お兄ちゃん、ずっと言いたかったことがあるの、
体が、熱くなってきて、たくさん、汗かいちゃったの
ねぇ、お兄ちゃん・・・・・・・聞いてくれる?
・・・お兄ちゃん・・・ダシテ

お兄ちゃん、ダシテ!
お兄ちゃん、ダシテ!
お兄ちゃん、ダシテ!
お兄ちゃん、ダシテ!
お兄ちゃん、ダシテ!
お兄ちゃん、ダシテ!
・・・・・・

(さび)
らーららららららー、らーららららららー、らーらーらー

(マッシュのセリフ)
幸せ。ああ、幸せ。僕は妹と一緒で幸せ。昨日も今日、続く日常。
幸せ。ああ、幸せ。僕は妹と一緒で幸せ。今日も明日、続く日常。
本当の幸せを教えてもらった僕は、兄としてもう一度妹に教えてあげよう。
本当の幸せを教えてもらった妹は、・・・。
Track Name: Sleeping princess
(前奏)
すやすやすやすや、むにゃむにゃむにゃむにゃ、すーすーすーすー
すやすやすやすや、むにゃむにゃむにゃむにゃ、すーすーすーすー

もふもふもうふ、まくまくまくら
もふもふもうふ、まくまくまくら

(Aメロ)
  机の上には数えきれない クッキーとキャンディー 浮かんでる
お部屋の中には遊びきれない お人形なファンタジー 賑やかだね

(Bメロ)
私を選んでくれたの。私を選んでくれたの。
いい子にしてたから、我慢もしてたから。

(Aメロ)


(Bメロ)
初めてのお部屋で 特別なお菓子
初めてのコップで 特別なジュース

(サビ)
ああ、私は今日はお姫様 実は今日からお姫様
ああ、私は今日はお姫様 実は今日からお姫様

だから、
舌がしびれるジュースを飲んで、ベッドが飛んだり、花火がちかちか
優しい人が世界を開く、右手をひく人が頭を開く

パパやママにも合わせてあげよう
君は素敵な人だ

(サビ)
もっと、
香りの強い紅茶を飲んで、無重力ジャンプ、無意識ショート
さっきの人が扉を閉める、後ろでひく人が頭を占める

パパやママにも合わせてあげよう
君は素敵な人だ

(Cメロ)
ひらひらひら、舞う私を
ぱちぱちぱち、喜んで、

ふらふらふら、よろける私を
ふかふかふか、幸せベッドへ

これはいい夢みれるなー 今夜はいい夢みれるなー
いい夢だったら覚めないで、覚めても夢見るお姫様

これはいい夢みれるなー 今夜はいい夢みれるなー
いい夢だったら覚めないで、覚めても夢見るお姫様

夢でもクッキー 幸せクッキー
夢でもクッキー 幸せクッキー

(後奏)
すやすやすやすや、むにゃむにゃむにゃむにゃ、すーすーすーすー
すやすやすやすや、むにゃむにゃむにゃむにゃ、すーすーすーすー

もふもふもうふ まくまくまくら
もふもふもうふ まくまくまくら
Track Name: Cherry blossoms
「つらい、つらい、つらいのよ」君は明るく不満もらすけど、
俯瞰、俯瞰、俯瞰気取った僕の励ましは風に消えた

あぁ キミの居ない日曜日
こんなにも…、

赤い、赤い、赤い、目の、君はなんだか照れて笑うけど、
赤い、赤い、赤い、陽の、春が二人優しく包んでいた

ひとりきりで
過去を想う。

伸ばした想いは 届かずに
幾多の夜で すり減れば
まだ、未練残っていた
キミの名に 最後の希望を 乗せて息を吐く

あぁ キミの居ない日曜日
こんなにも…、空しいんだね

腕、肩、手のひら、一緒に温度を分け合って
少し、ぐらいの、寒さは、僕ら二人なら平気だった

今はただ、君を想う。

桜舞う分かれ道で何度も 泣きじゃくって
答える君の目から、ひとすじの涙が流れて

「いつか、逢えるよね?二人で、きっと今度は
 桜舞う道を笑顔で歩いてみたいね。
 いつか、逢えるよね?
 桜舞う道で。